ベビーベッドのレンタルを利用しよう|購入するよりもお得です

きちんとケアしましょう

親子

乳児湿疹は、主に生後6か月までの赤ちゃんにできる湿疹です。乳児湿疹の原因は、よく洗ってあげていないことがあげられます。また、ほかの原因として皮膚の乾燥によるものもあります。赤ちゃんは、皮脂の分泌もさかんです。とくに、眉毛や頭の中にできるかさかさしたものも、乳児湿疹です。これは、脂漏性湿疹といわれるものです。かさかさとして黄色いかさぶたみたいなものがつきます。匂いもします。かさぶたであっても、おふろに入ったときに洗いましょう。濡らしたガーゼにベビーソープを泡立てた泡をつけてやさしく洗ってあげるのです。これは、乳児湿疹の原因である脂質をとってあげことが目的です。清潔に保つことが必要です。そのほかにも、皮膚の乾燥が原因の場合は、洗ったあとにきちんと保湿クリームなどでケアすることも重要です。

赤ちゃんは、たくさん汗もかきます。汗をかいたら、やさしくガーゼでふいてあげたり、夏場であればシャワーを浴びせてあげることもいいでしょう。お風呂も毎日入れてあげて、ごしごし洗うではなく、ベビー石鹸の泡でやさしく丁寧に洗うことがポイントです。ごしごし洗うと、余分な皮脂まで取り除いてしまい、かえって、乾燥肌になることもあるから。この乾燥肌も乳児湿疹の原因ともなるから、気を付けることが重要です。顔に石鹸の泡をつけることに、抵抗がある人もいるかもしれません。しかし、市販のベビー石鹸は、目に入ってもしみにくいなど考えて作られているのです。ですから安心して洗ってあげましょう。固形石鹸の場合は、ネットなどを使い泡立てることがポイントです。ポンプ式で泡が出てくるタイプも売っているので、そういった商品を使ってみるのも便利です。