ベビーベッドのレンタルを利用しよう|購入するよりもお得です

肌を守ってあげること

赤ちゃん

肌バリアが弱い肌

生まれたての子供の肌はツルツルですが産後数週間から数ヶ月たつと湿疹ができることがあります。それを乳児湿疹といいます。乳児湿疹ができたら加湿器をつかって湿度を保ってあげたり病院で処方された保湿剤をぬったりしてお肌のケアをします。一時的に乳児湿疹が出て、数週間で治まるものもありますが赤ちゃんは肌バリアが弱いため、治ってもまたすぐ乳児湿疹を繰返してしまうこともよくあります。なるべく乾燥をさけ、保湿し、お肌の潤いをキープさせてあげることが大切です。顔や体を洗う時もゴシゴシこすらず泡でやさしくあらってすすぎます。乳児湿疹ができやすい子とそうでない子もいますので体質もありますし湿疹の程度にもよりますが病院へかかって適切なケアをします。

乾燥をふせぐこと

乳児湿疹で使われるのは保湿剤と、特にひどい場合はステロイド剤をつかうこともあります。抵抗がある方は診察の際に先生に伝えればステロイドの入っていない軟膏を出してもらえると思います。ステロイドにも強さがありますので早く病院へ行って乳児湿疹が軽い場合はステロイドも弱いもので、それを薄く塗ることを数日間続けるだけでもきれいに治ったということもあります。なるべく普段から保湿剤を使って常にお肌のいい状態をキープできれば乳児湿疹のような肌トラブルを置きにくくすることもできるかもしれません。子供の肌はとっても薄くデリケートなので日差しの強い日には紫外線をさけ、汗をかいてそのままにしていても刺激になるので常に清潔な状態にしてあげたいです。また、ドラッグストアで購入できるヘビーローテーションを塗ることも効果的です。どれを選んだらいいか分からない方は、ランキングサイトを参考にするといいでしょう。サイトに上位表示されている商品は、質が高いものが多いので、自分の赤ちゃんの肌質に合ったものを選ぶことができます。